日本最大の藩校 国指定特別史跡・重要文化財

お知らせ

弘道館秋季イベント【曝書と孔子廟・釈奠関係資料】 特別公開のお知らせ(9月17日更新)

 弘道館では秋季の行事として、所蔵書籍を虫干しする作業「曝書(ばくしょ)」が行われ、孔子廟では藩校当時に孔子を祀る儀式「釈奠(せきてん)」が行われていました。
 この弘道館秋季イベントでは、弘道館内での所蔵書籍の曝書や孔子廟・釈奠関係資料の特別公開など、往時の弘道館の雰囲気が味わえるようなイベントを実施します。両イベントとも初の試みです。ぜひご覧ください!

※曝書とは…書物等の保存のため、湿度の少ない晴れた日に虫干しをすることで湿気や虫害を防ぐ作業のこと。
※釈奠とは…儒教の先師(孔子など)を祀る儀式のことで,孔子祭ともいいます。



1.【弘道館所蔵書籍の曝書】
・実施日:10月24日(土)〜10月28日(水) 9:00 〜 16:30
    ※雨天の場合は版木のみの展示となります
・曝書作業及び展示解説:【土日】10:00〜・13:30〜・14:30〜
           【平日】10:00〜・14:00〜
               ※展示解説集合場所…弘道館至善堂
・実施場所:弘道館至善堂
・内容:弘道館で所蔵している藩校当時使用されていた教科書や「大日本史」などの書籍(約150冊)の曝書のほか、版木(約60枚)の展示を弘道館内で行います。曝書によって江戸時代から現代へと書籍を守ってきた人々の思いや、目を見張るような江戸時代の版木製作の高度な技術を間近に感じることが出来ます。

2.【孔子廟・釈奠関係資料の特別公開】
・日時:11月1日(日) 10:00 〜 16:00 (雨天決行)
・展示解説:10:00〜・11:00〜・13:30〜・14:30〜(各40分程度)
               ※展示解説集合場所…弘道館至善堂
・内容:昭和45年11月1日に孔子廟復元記念の釈奠が行われたことに合わせ て、11月1日に孔子廟を特別公開し,藩校当時から現代までの釈奠に関する資料も特別公開します。(釈奠関係資料の特別公開は弘道館内で行います)
        ※今回のイベントでは,釈奠は実施いたしません
・実施場所:弘道館内及び孔子廟 ※孔子廟の見学は無料です



★弘道館秋季イベントチラシ(PDF:669KB)
関連リンク 関連リンクはありません。