日本最大の藩校 国指定特別史跡・重要文化財

お知らせ

12月5日(土)実施 弘道館講座【医学館と水戸藩にまつわる薬草】のお知らせ (11月18日更新)

 弘道館の医学館は、天保14年(1843)に徳川斉昭によって弘道館の敷地内に開設されました。斉昭は、外国に頼らず国内で良薬を製することの重要性を説き、この医学館から我が国のあるべき医学・医療体制を発信したいという強い思いから、医学館を開設しました。
今回の講座では、医学館のさまざまな活動内容や、水戸藩にまつわる薬草などをご紹介していきます。また,水戸市植物公園の西川綾子園長を招き,当館学芸員との対談も行います。ぜひご参加ください。


【日時】平成27年12月5日(土)13:30〜15:00
【場所】弘道館至善堂
【内容】第1部(13:30〜14:30)
   ■講座 弘道館の医学館について   <講師:弘道館事務所 小圷学芸員>
    (1)水戸藩の医学について
    (2)医学館の開設と活動について
    (3)人命尊重の精神(徳川斉昭・本間玄調) ほか
    第2部(14:30〜15:00)
  ■対談 水戸藩にまつわる薬草
   <対談者:水戸市植物公園 園長 西川綾子氏・小圷学芸員>
    (1)水戸市植物公園の薬草園について
    (2)水戸藩で栽培されていた薬草について  ほか
【定員】約100名 (事前申込不要)
【料金】無料(観覧料がかかります。)

★チラシはこちら


画像:弘道館の医学館(弘道館全図より抜粋。現:水戸市三の丸市民センター周辺)
関連リンク 関連リンクはありません。