日本最大の藩校 国指定特別史跡・重要文化財

お知らせ

【終了しました】藤田東湖書「麗澤」特別公開のお知らせ(5月11日更新)

藤田東湖(ふじたとうこ)の最晩年の書「麗澤(れいたく)が弘道館に寄贈されたことを記念し,特別公開等を開催いたします。
この「麗澤」は,安政2年(1855)10月2日に安政の大地震で圧死した藤田東湖が,前日の10月1日に芳野金陵(よしのきんりょう)に贈った書と伝えられています。麗澤とは「友人同士互いに助け合いながら学ぶこと」という意味で,当時,異国の脅威に対する危機感を共有していた東湖と金陵の強い絆がうかがえます。この機会にぜひご覧ください。

■寄贈感謝状贈呈式及び特別講演会
(寄贈感謝状贈呈式)
 日時  5月16日(月)午後1時〜午後1時30分
 場所  弘道館正庁正席の間
(特別講演会)
 日時  5月16日(月)午後1時45分〜午後2時45分
 場所  弘道館正庁正席の間
 講師  鈴木暎一氏(茨城大学名誉教授)
 演題  「晩年の藤田東湖と芳野金陵」
     ※申込不要

■「麗澤」特別公開
 期間   5月17日(火)〜22日(日)
 場所   弘道館正庁二の間
 内容   「麗澤」特別公開,藤田東湖・芳野金陵に関するパネル展示
 展示解説 (1)午前10時から (2)午後1時30分から (約30分程度)
      ※21日(土)は(1)のみ

※藤田東湖(1806〜1855)−徳川斉昭のブレーンとして天保改革の実現に尽力し,「弘道館記」を起草した人物。水戸学の声価を全国に高める中心的役割を果たした。
※芳野金陵(1803〜1878)−漢学者で,安井息軒(やすいそっけん)と塩谷宕陰(しおのやとういん)とともに「文久の三博士」と称された。

チラシのPDF版はこちら
関連リンク 関連リンクはありません。