日本最大の藩校 国指定特別史跡・重要文化財

お知らせ

■10月より江戸と水戸の交流イベント「水戸藩の名君 光圀と斉昭をめぐる薬草」を実施します。 (8月23日更新)

10月より,江戸と水戸の交流イベント「水戸藩の名君 光圀と斉昭をめぐる薬草」を実施します。

水戸藩二代藩主徳川光圀と九代藩主徳川斉昭は、領民の医療向上に力を注ぎました。光圀は、病気になっても医者にかかれない領民のために,藩医に命じ、簡単な処方を集めた家庭医学書『救民妙薬(きゅうみんみょうやく)』を作らせました。
斉昭は,弘道館の医学館で,領民のために天然痘の無償治療や,製薬した薬を無償提供するなど積極的な活動を行いました。


弘道館では,小石川後楽園(東京都)と水戸市植物公園と連携し,水戸藩にまつわる医学・薬草をテーマにしたイベントを以下のとおり実施いたします。
なお,小石川後楽園水戸市植物公園でも素敵なイベントを実施しておりますので,併せてご参加ください!


【イベント1】 パネル展 弘道館医学館と水戸藩ゆかりの薬草
展示期間:平成28年10月1日(土)〜11月3日(木・祝)
場  所:弘道館内十間畳廊下
内  容:水戸藩の医学の歴史,弘道館医学館の開設と活動,水戸藩にまつわる薬草などパネルにてご紹介します。


【イベント2】 水戸藩にまつわる薬草の展示
展示期間:平成28年10月1日(土)〜11月3日(木・祝)
場  所:弘道館庭園内


【イベント3】 ミニ講座とパネルディスカッション
日  時:平成28年10月9日(日) 13時30分〜15時30分
場  所:弘道館至善堂
内  容:◆ミニ講座「弘道館医学館について」
       講 師 : 弘道館事務所 小圷のり子学芸員
     ◆パネルディスカッション「弘道館をめぐる水戸藩の薬草」
       パネラー :水戸市植物公園 西川綾子園長
             (公財)東京都公園協会 緑と水の市民カレッジ事務局長 高橋康夫氏
             弘道館事務所 小圷のり子学芸員
定  員:100名 ※事前申込制・先着順
     お電話にて受付いたします。(午前9時から午後5時まで 平日のみ受付)
     申込の際,氏名,住所,連絡先をお伝えください。定員に達した場合はホームページにてお知らせいたします。
     (受付先)弘道館事務所
          電話番号  029-231-4725


【江戸と水戸をつなぐスタンプラリー】
期間:平成28年10月1日(土)〜12月25日(日)

期間中に、対象3施設(小石川後楽園、弘道館、水戸市植物公園)をめぐり、
スタンプを集めた方の中から先着200名様に、
3施設のオリジナルグッズ(非売品)をプレゼントします。
※3施設合同チラシの裏が台紙となっています。
※オリジナルグッズの配布は、各施設での先着順(3施設合計で200名)となります。
無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※オリジナルグッズの交換はお1人様1点限りとさせていただきます。
※3施設分のスタンプを集めた台紙のご提示でオリジナルグッズを差し上げます。
3施設目のスタンプを押した施設窓口にお申し出ください。
(台紙をご提示いただいた際に、確認印を押させていただきます。)


◆共催、協力
共催
公益財団法人東京都公園協会、水戸市

協力
小石川後楽園ガイドクラブ 
公益社団法人日本植物園協会、一般財団法人水戸市公園協会




小石川後楽園:水戸藩初代藩主 頼房が作り,2代藩主光圀により完成された水戸藩上屋
敷の庭園です。(特別史跡・特別名勝)

水戸市植物公園:園内の薬草園で,水戸藩にまつわる薬草を収集・栽培しています。

関連リンク イベントチラシ(PDF)