日本最大の藩校 国指定特別史跡・重要文化財

お知らせ

【5月9日(火),5月14日(日)開催】弘道館本館開館160周年記念イベントの開催について(4月14日更新)

 江戸時代に国内最大規模であった藩校弘道館は,施設や制度が整った安政4年(1857年)5月9日から,今年で160年を迎えます。
 これを記念いたしまして,下記のとおりイベントを実施いたします。

                    記

1 記念講座 「弘道館の本開館と建学精神」及び特別公開
■日時 平成29年5月9日(火)
■内容
(1)記念講座「弘道館の本開館と建学精神」<13時30分〜14時50分>
  場所 至善堂
  定員 約60名(予約不要)
  講師 小圷のり子(弘道館学芸員・主任研究員)
  ※1 講座終了後に,講師と八卦堂・孔子廟の特別見学があります。
  ※2 有料区域内となりますので,観覧料が必要となります。
(2)弘道館鳥瞰図・本開館式祝詞特別公開 <9時〜17時>
  場所 正庁
 内容 鳥瞰図や本開館式祝詞の公開
  ※有料区域内となりますので,観覧料が必要となります。
(3)八卦堂・孔子廟特別公開 <10時〜16時>
  通常非公開の八卦堂・孔子廟を歴史アドバイザー水戸の説明付きで公開いたします。
     
2 記念シンポジウム 「弘道館と創設者徳川斉昭」
■日時 平成29年5月14日(日)13時〜16時
■場所 正庁
■定員 約100名(予約不要)
■内容
(1)講演1「2つの斉昭イメージと実像」 
  講師 大石学(東京学芸大学教授・副学長)
(2)講演2「徳川斉昭と藤田東湖」     
  講師 鈴木暎一(茨城大学名誉教授)
(3)パネルディスカッション「震災復旧から日本遺産認定,そして世界遺産を目指して」
  パネリスト 鈴木暎一,大石学,関口慶久(水戸市埋蔵文化財センター長),小圷のり子
  ※有料区域内となりますので,観覧料が必要となります。
関連リンク 関連リンクはありません。